OMO

Shopify×LINEの連携でお客様もスタッフも利便性を向上|Brillar(ブリジャール)【事例インタビュー】

株式会社Brillar

2017年1月にモアサナイトジュエリーブランド「Brillar」を立ち上げ、同年12月に法人化。立ち上げ初期はオンライン販売を専門に、初年度で売上高1億円を突破する。翌年には銀座にショールームを開店し、2023年10月にはオープン形式の路面店を銀座2丁目にオープン。「Pay It Forward(もらったものは他の誰かに返す)」の精神で社会貢献にも力を入れている。

広報・宣伝・企画 吉村 麻衣(Mai Yoshimura)
ブランドPR、マーケティングからCRM戦略を立案し実践。

斎藤 美弥(Miya Saito)
オンラインストア全般のディレクション、受発注管理、店舗運営を担当。

エシカル文化の醸成に伴い「Brillar」を立ち上げ、初年度に売上高1億円を達成

Brillarは国内ではまだ珍しい、モアサナイト専門のジュエリーブランドです。同社代表の小原さんがモアサナイトを目にしたのをきっかけに、メリルリンチ日本証券株式会(現 BofA証券株式会社)在籍中の2017年1月に立ち上げました。

モアサナイトとは?

約5万年前に隕石の衝突によって生まれたバリンジャー・クレーター(米アリゾナ州北部)。その隕石の破片の一つと考えられるキャニオン・ディアブロ隕石から1893年に発見されたのがモアサナイトです。ダイヤモンドの2.5倍ともいわれる最高峰の輝きとクリアな美しさを持ち、耐久性にも優れています。モアサナイトは現代の科学者たちの功績により人工的に作り出すことに成功し、現在は世界中で愛されるジェムストーンとなっています。

日本で最初のモアサナイト専門ジュエラーとして立ち上げられたBrillarはオンラインショップで販売を開始。初年度に売上高1億円を突破し、翌年には銀座にショールームをオープンするという急成長を遂げました。

吉村さんはBrillarの成長の背景には「エシカル文化の醸成」があったと言います。

吉村さん

以前のモアサナイトは「ダイヤモンドの偽物」という感じで、業界内で悪者扱いされていた節がありました。しかしここ数年でエシカル文化が醸成され、ダイヤモンドをはじめとした天然の宝石に対する倫理観が変わってきたことで「(人工宝石である)モアサナイトの価値が見直されてもいいんじゃないか?」と思うようになり、代表 小原がそこにビジネスチャンスを見出したことがBrillarの始まりです。

黎明期からShopifyを採用、業態変化に伴いShopify POSを導入

そんなBrillarはブランド立ち上げ後、比較的早い段階からShopifyを採用しています。2018年から導入したそうですが、2018年当時といえばShopifyは日本市場に参入したばかり。まだ日本語化の進んでいない時期でしたが、Brillarには語学堪能な人材が揃っていたことから早期段階でShopifyを導入しました。

ブランドの立ち上げから翌年には銀座に予約制のショールームをオープンし、順調な成長を遂げてきたBrillarは2023年8月には予約制を撤廃し、店舗としてオープン営業を開始。その後同年12月に店舗を移転し、銀座本店を路面店としてオープンしました。今まではオンラインショップ中心だった業態から店舗という販売チャネルが増えたことにより、POSレジの導入検討を始めます。

Brillar 銀座本店

Shopify POSを導入した理由について「商品点数の多さ」が大きく関係しています。

斎藤さん

弊社ブランドは商品点数が多いため、Shopifyストアと連携できるShopify POSが一番便利だったんです。わざわざ商品登録をせずに済むので、他社のPOSレジと比較する中で「やっぱりShopify POS一択だね」となりまして、Shopify POSを採用することになりました。

Brillarのようなオンラインショップから店舗に進出するブランドは近年増加しています。「オンラインで出店して事業成長に合わせて店舗に進出する」というのは今や当たり前の事業戦略であり、Brillarのように初期段階でShopifyを採用するのは将来的な事業成長を見据えると理にかなった戦略だと言えます。

Shopify POSの採用により商品登録の手間を大幅に削減できた一方で、BrillarではShopify POSに対して次のような課題も感じています。

日本ではShopify POSと連動可能な決済端末がまだないことや、免税販売の際に多少の手間があることに課題は感じているものの、それでも利便性は大幅に上がったとのこと。

Shopify POSで連動可能な決済端末は北米・欧州を中心に広がっているため、日本でも今後数年で参入する可能性は大いにあります。免税対応についても、インバウンド需要の高まりに伴い対応が進む可能性があるため期待したいところです。

お客様とのコミュニケーション方法を見直し、LINE活用を徐々に進める

ブランド立ち上げから順調に成長してきたBrillarにも、「お客様とのコミュニケーション」に強い課題を感じていたといいます。

吉村さん

お客様へのプロモーションツールとして、元々はメールを使用していました。しかしブランド側からのメッセージの開封率が悪く、リンクのクリック率もすごく少なかったんです。「お客様にメッセージが届いていないなら意味がない」と社内でなりまして、代わりとして、お客様とのコミュニケーションツールとしてすでに活用は始めていたLINE公式アカウントをもっと有効活用できないか?と考え始めました。

斎藤さん

「やっぱりみんなLINEは見るよね」ということで、LINEを使ったお客様とのコミュニケーションを進めてきました。1日の問い合わせ件数の割合でいうと、今ではLINEが一番多いですね。当初はEmail以外だとLINEとInstagramのDMが半々かなという感じでしたが、最近はやはり圧倒的にLINEが多いです。

お二人が話すように、お客様とのコミュニケーション方法としてLINEは最適なツールです。LINE公式の調査によれば、LINE公式アカウントから受け取ったメッセージをその日のうちに開封するユーザーの割合は約8割となっており、圧倒的な開封率を誇っています。

出典:メッセージ配信の特長や種類、効果的なメッセージとは|LINEヤフー for Business

お客様とのコミュニケーションをLINE中心に移行したことで開封率・リンクのクリック数も改善され、コミュニケーション改善の効果を実感しています。

Shopify×LINEの紐付けができず、「もったいない」と感じていた

BrillarではLINE活用によってお客様とのコミュニケーション改善を実現した一方で、「ShopifyとLINEを紐づけられていない」という新たな課題も生まれました。

吉村さん

お客様とのコミュニケーションは改善されても、ShopifyとLINEが紐付けられていないことで過去のリピーター様に再アプローチができない。これがすごいもったいないなと思っていて、ここ3・4年の(お客様データの)蓄積もあって、何かShopifyとLINEを繋げられるツールがあればと考えていました。

Shopifyに限らず、多くのオンラインショップが抱えている課題が「LINEとの連携」かと思います。LINEが国民的なコミュニケーションツールに成長したことで公式LINEアカウントを運用するブランドも増えましたが、お客様に対して個別のアプローチができているブランドはまだ少ないでしょう。

Brillarもそうしたブランドの一つでした。

LINE、Shopify POSとの連携性に着目し「Lipify(リピファイ)」を導入

ShopifyとLINEの紐付けに強い課題感を持っていたBrillarは連携ツールを検討し、株式会社カシミラが開発・提供する「Lipify(リピファイ)」の導入に至ります。

Lipify(リピファイ)とは?

ShopifyとLINE、さらにSohpify POSの連携性に優れたアプリです。LINE公式アカウントに登録してくれた友だちとLINEで個別チャットが行えるようになり、さらにLINE上で会員バーコードを発行してShopify×LINEの連携性を高められます。Sohpify POSで読み取り可能なQRコードを店頭に設置すれば、会員登録・クーポン付与といった施策も手間なく取り入れられます。

BrillarがShopifyとLINEの連携ツールとしてLipifyを導入いただいた経緯を、次のように語っていただきました。

吉村さん

初めは他のツールも検討していたんですが、なかなかマッチするものがなくて。機能が多すぎたり料金が高かったり、その中で「Shopify POSとの連携性も重要だな」ということもあり、Lipifyさんに問い合わせしました。

そんなBrillarでは、すでにLipifyをさまざまな形でご活用いただいています。

たとえばLINE登録をしている友だちに、個別にカルーセルを配信することも可能です。Brillarでは店頭でLINE登録をしてもらったお客様に対し、接客担当スタッフが自らオリジナルのカルーセルを作成・配信することで、お客様とのコミュニケーションを促進しています。

カルーセルにはお客様が検討している商品画像とともにリングサイズの案内などカスタマイズされた情報を入れることで、着実に販売に繋がっているそうです。

斎藤さん

弊社商品はジュエリーのため、ほとんどの商品があまり気軽に購入できる価格帯のものではないので、「家に帰ってからじっくり考えたい」という方も多くいらっしゃいます。そうしたお客様に対してはカルーセルを配信して、リンクから直接オンラインショップで購入して頂くという流れができているので、お客様の視点から見ても利便性がすごく上がったなと感じています。

 

吉村さん

実は、弊社では他のジュエリーブランドと比較してリピーター様が多いです。だからリマーケティングをする価値が高くて、新規のお客様を追いかけるばかりではなく過去のお客様へアプローチするのもすごく大切だと思います。そうしたお客様に対しても、単に「メッセージにURLを貼り付けて送りました」ではなく、見え方を変えられる点が有効的だと思います。

Brillarではカルーセルの個別配信の他にも、QRコードを使った店頭でのLINE登録、Shopify POSで会員バーコードを読み込んでのお客様データ蓄積、LINE個別チャットを使ったメンテナンス案内などにもLipifyをご活用いただいています。

「Brillar」の展望:お客様との出会いを大切に、継続的なリレーションを築いていく

インタビューの最後に、Brillarの展望をお聞きしました。

吉村さん

まだモアサナイトという人工宝石の存在をご存じない方が沢山いらっしゃるので、会社としては地方への店舗出店や常設ではないにしろポップアップストアを開設するなど、全国的に多くの方々にBrillarのジュエリーを見ていただくことがとても重要な局面にあります。そうした、全国的なお客様との出会いを大切にしていくとともに、ご縁ができたお客様と「長く繋がる」ということも大切にしていきたいなと考えています。お客様との継続的なリレーションを築く上でもLipifyが活躍してくれると思っているので、その点に今後も期待したいですね。

個人事業としてスタートしたBrillarは「お客様の支え」が事業成長の要因と考えており、お客様への感謝を込めて「Pay It Forward(もらったものは他の誰かに返す)」の精神で社会貢献活動にも力を入れています。

素晴らしいジュエリーを生み出すだけでなく、社会貢献を通じたお客様との繋がりを重視してきたブランドだからこそ、「継続的なリレーションを築くこと」を自然と重視できているのかもしれません。

[取材協力]
株式会社Brillar
広報・宣伝・企画 吉村 麻衣(Mai Yoshimura)
斎藤 美弥(Miya Saito)
Brillarオンラインショップはこちら

おわりに

Brillarの斎藤さんと吉村さんへのインタビューを通じ、Lipifyに対して好意的な意見をいただいただけでなくいくつかのご要望もいただきました。

  • Lipifyに定型文を登録できる機能があると便利だ
  • スマホから操作できるようアプリ開発も行ってほしい
  • お客様からメッセージを受信しないと個別チャットが表示されない

これらのご要望に対応し、Lipifyでは「定型分の登録機能」「スマホアプリからの操作」「店舗側からの個別チャット表示」を実装いたしました!

Lipifyではユーザー様のご要望に対しても真摯に対応し、より使いやすく、よりビジネスに貢献するアプリになるよう開発を進めております。Lipifyに対するご質問などありましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

[取材・編集]  Maresuke Tanaka

Shopify POSと連携可能なアプリ10選!おすすめはどれ?

Shopify POSとは?

Shopify POSとは、Shopifyで構築したストアと実店舗のデータ連携が可能になるPOSシステムです。Shopify POSでは、次のような機能が提供されています。

出典:Shopifyホームページ

オンライン・オフラインの統合は本来、システム開発が必要です。一方で、Shopifyで構築したストアならShopify POSを導入するだけで、オンライン・オフラインの統合が可能になります。

Shopify POSの概要やメリット・デメリット、料金については、以下の記事で解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

Shopify POSで実店舗とECサイトのデータを一括管理! 機能や料金、設定方法を解説

オムニチャネル戦略は必須なのか?

オムニチャネル戦略とは、オンライン・オフラインの統合により、さまざまなチャネルで一貫性のある購買体験を提供することを指します。

昨今の小売業界では、オムニチャネル戦略の必要性について、懐疑的な意見があります。

というのも、小売大手におけるオムニチャネル戦略失敗を受けて、「オムニチャネル戦略は不要なのではないか」と考える方が増えたためです。しかしその背景には、「アマゾンや楽天といったネット小売大手に真っ向から勝負してしまった」など明確な敗因があります。

昨今の小売業界において、オムニチャネル戦略が欠かせないのは確かです。成功のための大切なポイントは、オンライン・オフラインの統合にかかる負担を可能な限り軽減し、PDCAサイクルを高速で回すことにあります。

その点から、Shopifyにはさまざまな機能によってPDCAサイクルを高速で回すことができるため、Shopify POSはオムニチャネル戦略に最適なPOSシステムだと言えます。

おすすめのShopify POS連携アプリ10選

それでは、おすすめのShopify POS連携アプリ9選をご紹介します。

1. Lipify(リピファイ)

Lipifyは、マーケティングツールとしてのLINE公式アカウントと、Shopifyストアを連携できるShopifyアプリです。

>>Lipify紹介動画の埋め込みをお願いします

LINE ID連携を促進し、セグメントごとのメッセージ配信や、プライベートチャットによるお客様対応、LINEの効果測定などがShopify上で行えるようになります。

LINE公式アカウントを活用したマーケティング施策を実施しているオンラインストア運営者は多いですが、同時に、LINE管理画面への不満も少なくありません。

LipifyならLINE公式アカウントとLipifyの連携により、オンラインストア運営者の「めんどくさい」を大幅に減らし、業務効率化と販売促進に貢献します。

LINE ID連携が120人までなら無料プランを利用できるため、お試しで使ってみたいという方も安心して利用できます。

>>CTAを入れてください

2. PIE VAT

>>スクリーンショットのご用意をお願いします

PIE VATは初期費用・月額費用無料で利用可能な、免税販売システムです。免税手続きを簡略化できるため、インバウンド需要や円安需要に対応できます。

PIE VATは外国人観光客からシステム手数料を徴収するため、オンラインストア運営者が支払うべき料金はありません。

外国人観光客からすれば、手数料がかかっても免税料金で商品を購入できるため、お客様と店舗、双方にとってメリットの大きいShopifyアプリです。

PIE VATのストアページはこちら

3. Yotpo

Yotpoはお客様のレビューやインスタグラムの投稿などを収集し、集客やコンバージョン改善が行えるUGC活用ツールです。

UGCとは「User Generated Contents」の略であり、Web上でユーザーが生成するコンテンツを指します。

SNSやブログに投稿するテキスト、写真、動画、口コミ情報なおdのUGCを分析すれば、オンラインストアやブランドの改善点の把握や、市場ポジションの分析などに役立ちます。

YotpoはUGCを収集・分析するだけでなく、ユーザーのUGC作成を促す機能があるため、SNSマーケティングの強化や、ロイヤリティ向上に注力したいオンラインストア運営者におすすめです。

Yotpoでは他にも、「SMSBump」とSMS・メールマーケティングツールも提供しています。

Yotpoのストアページはこちら
SMSBumpのストアページはこちら

4. Tipo Appointment Booking

Tipo Appointment BookingはShopifyストアと連携可能なスケジューリングツールです。サロンやクリニック、あるいは個人ビジネスなどにおける予約機能を実装でき、なおかつShopify POSとも連携できます。

予約制を導入している小売店にもおすすめです。近年では、完全予約制を取り入れているセレクトショップも多く、幅広いお客様に受け入れられつつあります。

「時間あたりの売上や客単価がアップした」といった事例も少なくないため、Tipo Appointment Booking導入を機会として、予約制を取り入れてみてはいかがでしょうか。

Tipo Appointment Bookingのストアページ

5. どこポイ

どこポイは、オンラインストアにポイントシステムを簡単に実装できるShopifyアプリです。お客様は商品・サービスを購入するごとにポイントが付与され、次回購入時などにポイントの利用ができます。

また、会員ランクごとにポイント付与率を変更するなど、細かいポイントマーケティング施策も可能です。

Shopify POSとの連携により店舗でのポイント付与も可能になるため、オムニチャネル戦略の実現に貢献してくれるアプリでもあります。

どこポイのストアページ

6. Instant Search& Product Filter

Instant Search& Product Filterはストア内商品検索の、体験価値を向上させるShopifyアプリです。Shopifyストア内のあらゆる場所に任意の商品リストを掲載でき、クロスセル・アップセルにも貢献してくれます。

カスタマイズしやすく、HTML/CSSの編集も可能なため、自由なデザインでストア内商品検索機能を実装できます(Proプラン、Pro2プランのみ)。

また、SMS・メールマーケティングにも取り組める総合的なShopifyアプリでもあります。

Instant Search& Product Filterのストアページ

7. Softify

Softifyは請求書の作成・印刷・送信の自動化に加えて、配送ラベルの印刷や返品フォームの作成などにも対応しているShopifyアプリです。

プランによっては多言語・多通貨にも対応しています。これを利用すれば、店舗で購入した外構人訪問客にオンラインストアを案内し、帰国後もリピーターとして獲得できる可能性があります。

請求書は各国の法令に準拠したものが作成されるため、越境ECにもおすすめのShopifyアプリです。

Softifyのストアページ

8. Dadao Product Reviews & Email

Dadao Product Reviews & EmailはAmazonまたはAliexpressに掲載されたレビューを、オンラインストアにインポートできるShopifyアプリです。

テキストや写真、動画付きのレビューも自動的に掲載でき、口コミマーケティングを効率化できます。

また、レビュー獲得のために、お客様に自動メールを送信することもできます。

Dadao Product Reviews & Emailのストアページ

9. EasyTeam POS Time Clock

EasyTeam POS Time Clockは、Shopify POS向けに設計された、実店舗スタッフの勤怠管理ツールです。

スケジュールの調整やチェック、スタッフの給与計算などがShopify POSで行えるため、余計なシステムを導入せずに勤怠管理が行えます。

また、スタッフの販売実績に応じてインセンティブを計算するなど、柔軟性の高い働き方も導入できます。

EasyTeam POS Time Clockのストアページ

おわりに

Shopify POSと連携可能なShopifyアプリを導入すれば、オンライン・オフラインの統合だけでなく、実店舗における業務効率アップにも繋がります。

本記事では異なるタイプのShopify POS連携アプリをご紹介したので、オンラインストア運営に役立ちそうなShopifyアプリを、ぜひご利用ください。

Shopify POS連携なら「Lipify(リピファイ)」

Shopify POSの導入をご検討なら、本記事でもご紹介したLipifyをおすすめします。改めてLipifyとは、LINE公式アカウントとShopifyを連携するアプリであり、LINEのマーケティング施策をShopify上で管理できるようになります。

<Lipifyの主な機能>

  • LINE ID連携促進
  • LINE ID x Shopify Flow連携
  • Shopify POS連携
  • プライベートチャット
  • 効果測定
  • カルーセル配信
  • ステップ配信
  • セグメント配信
  • カート落ちメッセージ配信

LINEは日本人口の70%以上をカバーするほど普及しているコミュニケーションツールなので、Shopifyストアとの連携により、効果的なマーケティング施策を展開できます。

Shopify POSの導入をご検討の際は、LipifyによるLINEマーケティングの実施も、ぜひご検討ください。

現在、Lipifyではデモ(体験)を実施しておりますので、興味がある方はお問い合わせフォームよりぜひお申し込みください。